土壁という素材


tutikabe

各務工務店のつくる家では、国産の木材で架構を組みますが、壁は土壁をおすすめしています。時代は高気密高断熱が当たり前のように言われていますが、なぜ気密性も断熱性も劣る土壁を勧めるのか。少し説明したいと思います。

土壁の利点

◎調湿効果と蓄熱性能

 土壁には優れた調湿効果があります。日本には四季があり、季節によって気温や湿度は大きく変化します。 最も不快な梅雨の時期でも土壁は室内の湿気を吸収し、乾燥している日には逆に水分を発散します。そのため土壁の塗ってある古民家や蔵などは、部屋に入ると優しい心地良さを感じるとお思います。 

エアコンや除湿器、加湿器に頼らず、自然素材の土を使う事で余分な設備費や光熱費を削減できます。

また、高性能な断熱性能はありませんが、土には特有の蓄熱性能があります。 夏の暑い時期に土壁表面を触ってみるとひんやりと感じますし、冬でも土壁表面は少し暖かいです。

土壁は生活環境を整える素晴らしい機能を持った材料なのです。

◎自然素材で環境にやさしい

 土はどこにでもある自然素材です。柱と柱をつなぐ貫(ぬき)に、竹をわら縄で編み下地を作ります。そしてスサを練り込んだ土を塗っていきますので、作る時も壊す時も、環境に負荷を与えません。役目を終えればいずれ『土に還る』自然循環可能な素材と言えます。

このように良いことばかりの土壁のようですが、お勧めする反面知っていただきたい注意点もいくつかあります。

土壁の注意点

◎高気密高断熱にはならない

 調湿性能があると書きましたが、それは裏を返せば気密性がないという事になります。 現在主流な家は室内をビニールで覆い気密性を高める事で、生活で発生する湿気を壁体内に入れず、強制的に換気扇で排出し、エアコン等で人工的に快適な室内環境を作っています。

土壁はビニールで覆ってしまっては意味がないので、必然的に気密性は犠牲になってしまいます。

 断熱材も優れた性能のものが各メーカーから出され、住宅の快適さは昔とは比べられないほど向上したと思いますが、土壁の断熱性能はとてもそれらに及びません。

◎ひび割れ、収縮する素材

 土は乾燥すると縮み割れます。そのため塗った直後は骨組みである柱や梁と密着していますが、乾燥と共に隙間ができてきます。柱や梁にチリじゃくり(縮んでも隙間ができないようにするための溝)やトンボ打ち(麻ひもをほぐし、チリに打ち付ける物)を行っても、少なからずチリに隙間はできてきます。

◎工期がかかります

 土壁は竹小舞を編み、片側ずつ塗っていき完全乾燥させます。また、雨降りが続く時期や氷点下まで気温が下がるような時期には施工できません。そのため工期が長くかかってしまいます。


それでも土壁をお勧めする理由

隙間はできるし工期もかかる土壁ですが、そういった不利な面を理解した上で土壁を勧めているのは、やはり自然環境にも住まい手の健康にもやさしい素材だからです。

365日24時間 エアコンや換気扇を動かしエネルギーを使い続ける生活はそろそろ見直さなくてはいけません。防湿シートや断熱材、その他建築建材などの石油製品を大量に使い、短寿命で環境負荷の大きな家は健康な家とは言えません。それは将来に大きな重荷となって残っていきます。

便利で快適な生活に慣れてしまった私たちは、中々過去に戻る事はできません。しかし、少しでも今後の将来を考え、できることから実行していく事はとても意味があると思います。

最終的に判断し決めるのはお客さんです。考え方の押し売りをするつもりはありません。

自然環境にやさしい『土壁の家』に興味を持っていただける様、各務工務店ではこれからも土壁をお勧めしていきます。

竹小舞をわら縄で編んでいきます

手間はかかりますが、編み終えた小舞の壁は、土で隠してしまうのがもったいないほどの美しさがあります。

それは狙って作るデザイン的なものではなく、必要な素材と仕事で作られる機能美だと思います。

壁土を片面ずつ塗りつけていきます。かつてはあちこちにあった泥コン屋も今では激減し、小舞掻きや土塗りのできる左官屋さんも少なくなってしまいました。

100年以上建つ民家のほとんどは土壁の家です。

自然と共存していくために、自然素材を使っていきたいです。