設計のながれ


お客さんから問い合わせをいただいてからの設計業務の流れを簡単に説明します。

1、お問い合わせ(無料

各務工務店若しくは各務設計に興味を持っていただいたお客さんから、電話やメールにてお問い合わせをいただきます。パンフレットの送付や、坪単価のお問い合わせも多々ありますが、申し訳ありませんが、お応えを控えさせていただいております。パンフレットの代わりに、ホームページを頑張って作りますのでそちらをご覧ください。また、よく使われる『坪単価』ですが、これほど曖昧な基準はありません。格安な坪単価を売りにしている業者には注意が必要です。

お問い合わせをいただいたお客さんとは直接お会いして、話を聞く所から始めさせていただいております。

2、プラン図(無料)

直接お話を伺い建築予定地の環境を把握し、ご希望と計画予算を元にプラン図を作成します。フリーハンドで間取りを描く程度です。

明らかにご希望と計画予算がかけ離れている場合は、プラン図作成をお断りする事もありますのでご了承ください。

3、設計仮契約

プラン図を元に話が進み、概ね間取りが決まったら仮契約を結びます。ここからは有料になりますが、金額は建物の規模や内容によって変わります。概算見積りができる程度の基本図面(配置図、平面図、立面図、仕上表など)を作成します。

基本図面が作成できたら内容を確認していただき、概算の見積書を作成します。

4、設計本契約(有料)

基本図面と概算見積書を提出後、仕様や金額の打合せを行い概ね構想が決定したら『本契約』を結びます。その後本設計に入り確認申請に必要な図面一式に加え、展開図や各種伏図を作成し、詳細な見積書を作成します。

5、工事請負契約

設計図書と見積書が完成し今後大きな変更がないようなら、ここで『工事請負契約』となります。構造材の発注をし、建築確認申請を行います。

確認済証が発行されれば、いよいよ工事着工です。地盤改良や基礎工事が始まります。

6、現場管理、完成手続き、お引渡し

工事中は、設計図書通りに工事が施工されているのかを監理します。軽微な変更や仕上材料の変更は現場打合せにより決めていきますが、工程や工期に影響が出るような変更が発生した場合は工事を中断し、契約内容変更書を作成し署名捺印をいただきます。

工事が完成したら施主様検査を行い、問題なければ『完了検査申請書』を作成します。現場検査後『検査済証』が発行され、これでお引渡しとなります。

お引渡し後、工事金額の最終金をお支払いいただきます。

7、アフターメンテナンス

引越しを済ませ、新生活が始まると細かい部分の修正が必要になる場合がありますが、軽微な修正は基本的に無償で行っています。新たな材料が追加になったりする場合には、その都度見積書を作成し承認を得て施工します。


以上が設計業務の流れとなります。

相談は無料ですし、しつこい営業は一切おこないませんので、お気軽にお問合せ下さい。