むくり屋根の家


お施主様の希望は 木組み、土壁、むくり屋根と、ひい爺さんから言われた「地棟」の入った家。でした。必要最小限の平屋の中に、ご希望内容を取り入れました。小屋裏スペースは将来部屋としても使えるよう杉の厚板を貼り、1階の天井と兼ねた「踏み天井」としています。

請負設計施工:各務工務店


地棟

地松の地棟には施主様直筆の文字が書かれています。ひい爺さんも「よしよし」と頷いている姿が印象的でした。

むくり屋根

地垂木の上に化粧野地を貼り、断熱と通気層を確保して2重の屋根で垂木をむくらせました。ほんのりと屋根地が膨らんでいます。今回は流れの中央より若干上部を頂点としたむくりにしました。

完成

施主様支給の陶器や、フスマ紙を取り入れながら無事完成しました。高さを抑えた平屋の家はどっしりとした安定感があります。

元気なお子さん達も、健康でのびのび成長される事を願っています。